増税 メリット

増税のメリット

増税・・・正直なところ増税を好まれる方っていないですよね。でも政府が決定した場合、受け入れざるを得ません。であれば、少しでも増税のメリットを認識しておくと、スッキリ度が多少アップするかもしれませんね。

 

消費税増税のメリット

消費税を増税する場合、単純にメリットを考えてみると、当然ながら税収の増加が挙げられます。税収が増加すれば、単純に国民への行政サービス等が向上することになります。

 

単純な発想ですが、これが増税のメリットでしょう。今まで満足でなかった行政サービスが充実したり、新たなサービスが新設されたりという結果になるでしょう。一見、目立たなくても、社会保障や子育て支援、及び教育に関する補助などの分野で、増加した税収が役立っている場合があります。

 

地方行政の向上

消費税の内訳をチェックしてみると、一部が地方自治の財源になっていることがわかります。消費税増税となれば、地方へ渡る財源が単純に増え、地方レベルでの行政サービスが向上するというメリットも生まれます。
地元での国民生活に欠かせない施設、設備などに当てられ、間接的にそれらを享受することになるわけですね。

 

 

スポンサードリンク

消費税の非課税品目

消費税の増税に伴い、非課税品目がクローズアップされる可能性があります。これも直接的ではないにしろメリットの1つとぜひ数えましょう。

 

例えば「食品」。食品って国民が生活していく上で必要不可欠なものです。外食した時の「食品」ではなく、スーパーマーケットなどで購入する「食品」です。

 

正直、これらに税金がかかっているって異常だと思います。食べ物に税金をかけるって、じゃあ、極端な話・・・食べるなってこと!?って感じます。

 

アメリカでは消費税は日本より高い税率ですが、食品には一切課されていませんでした。それが普通の感覚だと思います。

 

たばこ増税

煙草に対する増税も検討されているようですよね。これも賛成反対と、いろいろな見方があると思いますが、メリットだけを見ればやはり禁煙人口が増える可能性・・・というところでしょうか。

 

私自身は既に禁煙を達成していますので、特に煙草に関する増税に関心は薄いですが、喫煙者にとっては大打撃だろうと思いますね。

 

ただ、禁煙を達成した立場から言えば、禁煙のメリットは大きいと実感しています。たばこ増税がきっかけで禁煙に成功した人が出てくれば、それは別の意味で大きなメリットと呼べるかと思います。

増税のメリットのおさらい

増税のメリットをかなり無理やりな感じで挙げてきましたが、集めた税金が不正に使われたり着服されたりと、かなりいい加減に扱われている事実を目の当たりにしているので、正直、それらを先に何とかしろ・・・というのが本音です。
増税のメリット・・・非常に複雑な心境でお伝えいたしました^^;



スポンサードリンク